web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2018/01/10

    良い眠りのためのマットレス選び、購入前の確認ポイント

    心地の良い眠りを求めるなら、ベッドを購入する際吟味していただきたいのがマットレス。
    今回は、マットレスの種類や選択のポイントについてまとめてみました。

    マットレス

    ***************

    1、マットレス選びのポイントは?
    2、マットレスの種類と特徴。
    3、こんな方にオススメ

    ***************

    1、マットレス選びのポイントは?


    ① 体重分散ができて、身体への圧力が分散されること。
    腰や肩に体重の負荷が集中すると、肩こり腰痛の原因となっていましまいます。

    ② 寝返りがしやすいこと
    睡眠中、寝返りがしにくいと、筋力を使って頑張って寝返りをうつことになります。寝ているのに疲れて満足のいかない眠りとなります。

    ③ 通気性の良いこと
    一晩の睡眠で、コップ一杯分の汗をかくといわれています。マットレスを衛生的に保つためにしっかりとしたお手入れが必要です。

    2、マットレスの種類と特徴。


    ① ボンネルコイルマットレス
    スプリングが繋がった構造となっているマットレス。体重を面で支えるマットレス。
    硬めの寝心地を好む方にオススメです。ダブルベッド等で一緒に寝る方に振動が伝わりやすい。
    畳と布団の習慣のある日本人が好むタイプです。

    ・かたさ:硬め~やや硬め
    ・通気性: 通気性がよい
    ・耐久性: 高い
    ・振動:伝わりやすい
    ボンネルコイルマットレス

    ② ポケットコイルマットレス
    スプリングが一つひとつ別々になったマットレス。体重を点で支えるマットレス。
    様々なタイプのスプリングで、硬さや寝心地が変わります。

    ・かたさ: やや硬め~やや柔らかめ
    ・通気性: 通気性やや低い
    ・耐久性: やや高い
    ・振動: 伝わりにくい

    ポケットコイルマットレス

    ③ ウレタン系マットレス
    衝撃吸収素材で作られたマットレス。体重を面支える、身体を圧迫しないマットレス。
    柔らかく、包み込まれた寝心地。 通気性が悪いので、お手入れをこまめにすること。

    ・かたさ: 柔らかめ
    ・通気性: 通気性低い
    ・耐久性: 低い
    ・振動: 伝わりにくい

    ウレタン系マットレス

    3、こんな方にオススメ


    ① ボンネルコイルマットレス
    通気性が良く、お手入れが簡単で耐久性の硬いマットレス。
    おおよそ価格も安い傾向にあります。
    硬めが好きで、手入れを簡単に済ませたい方にはオススメです。

    ② ポケットコイルマットレス
    やや柔らかめが好みの方。ダブルベッドで相手を気遣いたい。体重分散をしっかりし肩や腰の負担を避けたい方にオススメです。

    ③ ウレタン系マットレス
    立ったままの姿勢で眠ることが一つの理想ともいわれます。 その様な形で眠りたい方にはオススメです。
    また、寝相が悪く動き回る方で、寝返りを減らし疲れない様にと考える方等は使う価値があります。