web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2018/05/25

    一人掛け椅子でリラックスタイムを満喫しよう

    一人暮らしをしていても、家族と一緒に生活していても、座るだけで癒される自分専用のイスに憧れる方も多いはず。

    目を閉じて素晴らしい座り心地を想像するだけで、日々のストレスも解消されそうですよね。

    今回はゆっくりくつろげる一人掛けの椅子をピックアップしてみました。

    ちょっと贅沢な自分だけの空間を手に入れてみませんか。

     

     

    ********************

    1.一人掛けソファ

    2.パーソナルチェア

    3.高座イス

    4.選び方のポイント

    5.まとめ

    ********************

     

    1.一人掛けソファ

    ソファというと二人掛けや三人掛けをイメージしがちです。利用者は少ないですがソファーの心地よさ優雅さを味わえるのは「一人掛けソファ」です。。

    また、スペースが少なめだからソファは置きたいけれど…という方にもお勧めです。

    スペースに余裕があるなら二~三人掛けソファと合わせて一人掛けも購入しておくと、インタリアに幅が生まれ重宝します。

    一人掛けソファは様々なタイプのものが出回っています。

    ひじ掛け付き、ハイバックなど機能面重視で選ぶもよし、ナチュラル、シンプル、モダン、レトロ、ビンテージ、クラシックなどデザイン優先で選ぶのもアリ。

    インテリアに馴染ませるか、ビビットなものを置いてアクセントにするか楽しみ方もいろいろです。

     

     

    2.パーソナルチェア

    オットマンに足を預けてゆったり腰掛けリラックス…。

    パーソナルチェアというとイメージはそんな感じでしょうか。

    自宅に居ながらリゾート気分を味わえるようなスペースがあったら素敵ですよね。

    疲れて帰ってきても、座るだけでほっとできるような自分だけの椅子があったら、疲労も軽減されるはず。

    パーソナルチェアは、忙しい毎日の疲れをリセットするのにピッタリです。

     

     

    3.高座イス

    床に直接置く形の通常の座椅子と違い、脚がついているのが高座椅子です。

    程よく高さがあるので、座ったり、立ち上がるのも楽に利用できるところがポイント!

    製品によっては、座卓やテーブルの高さに合わせて、椅子の高さも変えられるものが増えています。

    リクライニングの角度を変えられるものもあり、ソファやパーソナルチェアに抵抗感がある年配の方に人気です。

    主に和室での利用を想定していますので、和室に溶け込むようデザインされているものが多いのですが、

    デザインや種類が豊富に出ていますので、洋風のインテリアにマッチするものを選ぶこともできます。

     

     

    4.選び方のポイント

    椅子を購入する際は必ず実際に座ってみることが重要です。

    クッションの硬さや背もたれの高さ、座面の奥行き、幅などで座り心地は違うもの。

    人の体型は千差万別なので、自分にフィットする椅子を見極めるために、出来るだけ多くの椅子に座ってみることをお勧めします。

    自分に一番しっくりくる椅子がきっと見つかります。

     

     

    5.まとめ

    近年の一人暮らし世帯の増加に伴い、一人掛けの椅子の需要も高まっています。

    ご紹介した椅子の他にも、一人掛け用のカウチソファや心地良い揺れを体感できるロッキングチェアなど究極のリラックスチェアも人気です。

    パーソナルスペースを確保してリラックスできる時間を過ごすことが、明日への活力へつながります。

    長く愛用できるお気に入りの一脚を見つけて、自宅で過ごす至福のひと時を楽しんでみては?

    ご相談はお気軽にユノメ家具Zのスタッフまで!