web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2018/12/15

    新素材ソファ!「革」でも「布」でもない、魅力満載の「レザーテックス」

    今回はソファに使用される新素材のご紹介です。

    ソファを購入する際、一番の問題はその素材。

    レザー(革)にするかファブリック(布)にするか、はたまた合成皮革で手を打つかは大いに悩むところです。

    それぞれのメリット・デメリットを比較しても、なかなか決断できないことも。

    そんな迷えるソファ難民に朗報です!

    2017年、RELAX FORMから新素材「レザーテックス」が登場!!

    いったいどんな素材なのか早速チェックしてみましょう。

     

    ********************

    1.レザーテックスって何?

    2.レザーテックスの特性

    3.レザーテックスを使ったソファのラインナップ

    4.まとめ

    ********************


    1.レザーテックスって何?

    レザー(革)ともファブリック(布)とも違う新素材。

    優れたフリース素材に新しい特殊技術で加工を施したRELAX FORMオリジナルの張地です。

    RELAX FORMのHPでは次のように説明されています。

    「LEATHERTEX(レザーテックス)とは、ナチュラルレザーのような肌触りと風合いのある、革でも布でもない新素材です。レザーテックスは、まるで北イタリアサンタクローチェの最高級アニリンレザーのような雰囲気を持つアニリンタイプとエレガントで独特の肌触りを演出するヌバックタイプがあります。更に、レザーでは実現できない様々な耐久性能を持ち合わせています。」(RELAX FORM公式HPより引用)
    ※2018年12月現在カラーバリエーションは6色

    これまでソファの張地は本革、合成皮革、布の3種類でしたが、新たにレザーテックスが加わり、選択の幅が広がりました。

    レザーテックスとはどんな特性を持つのか見ていきましょう。

     

     

    2.レザーテックスの特性

    見た目は本革に近い印象ですが、手触りはさらさら。

    革にありがちな、夏は汗でベタベタ、冬は冷たくひんやりという不快感はありません。

    革のように見えて、通気性に優れ、布のような柔らかな質感を実現しているのです。

    汗や紫外線で変色しづらく、合成皮革や本革に発生する表面の剥がれにも強いのが特長です。

    さらに、ファブリックの悩みのたね、摩擦による生地の傷みにも強く、ほつれたり破れたりといった心配もありません。

    撥水加工も施されているので、液体をこぼしてもサッと拭き取れば染み込むことも防げます。

    それらの特性を証明するのがJIS(日本工業会)による様々なテストです。

    レザーテックスはJIS(日本工業会)による摩擦試験、耐光試験、引裂強さ試験、引張り強さ試験、撥水度試験において優秀な成績をおさめています。

    さらに、JIS(日本工業会)規格のジャングル試験といわれる、室温70℃、湿度95%以上の環境下での耐久試験でも、剥離が認めらなかったという驚きのクオリティ!

    その品質をお店で実感してください。

     

    3.レザーテックスを使ったソファのラインナップ

    2018年秋以降にRELAX FORMから発売されたレザーテックスソファのラインナップをご紹介します。

    もちろんお取り寄せも可能です!

     

    ◆Melody メロディー
    サイズ(mm)
    3人掛け 幅1900×奥行930-1500×高さ930・座高400
    2人掛け 幅1420×奥行930-1500×高さ930・座高400

     

     

    ◆Casal カザル
    サイズ(mm)
    3人掛け 幅1980×奥行1120×高さ770・座高450
    1人掛け 幅1100×奥行950×高さ770・座高450
    オットマン 幅1000×奥行700×高さ450・座高450

     

     

    ◆Fresco フレスコ
    サイズ(mm)
    3人掛け 幅1880×奥行920×高さ840・座高420
    2人掛け 幅1650×奥行920×高さ840・座高420

     

     

    ◆Sempre センプレ
    サイズ(mm)
    3人掛け 幅1900×奥行950×高さ890・座高380

     

     

    ◆Impresa インプレーサ
    サイズ(mm)
    カウチ 幅2800×奥行1040-1760×高さ730-920・座高400
    スモールカウチ 幅2400×奥行1040-1760×高さ730-920・座高400

     

     

    ◆Bellezza ベレーザ
    サイズ(mm)
    カウチ 幅2800×奥行930-1640×高さ880・座高390
    スモールカウチ 幅2400×奥行930-1640×高さ880・座高390
    3人掛け 幅2070×奥行920×高さ880・座高390
    2.5人掛け 幅1900×奥行920×高さ880・座高390

     

     

    ◆Robusto ロブスト
    サイズ(mm)
    コーナー 幅2730×奥行1030-2220×高さ750-930・座高430

     

     

    4.まとめ

    新素材「レザーテックス」。

    品質については申し分なく、おすすめの素材です。

    そして本革に比べると、お値段もお手頃価格。

    今後もぞくぞくと新しいモデルが追加されることと思います。

    お手入れの大変さや、高価格によって本革ソファを諦めていたなら、是非一度試していただきたい商品です。

    是非クオリティをを確かめにお店にいらしてください。

    ご来店お待ちしています!