web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2019/04/26

    キッチン周り上手な収納術。省スペース型収納で隙間を有効活用

    家の中にあるちょっとした隙間、有効活用できたらいいですよね。

    壁と家具の間や、家具と家具の間などジャストサイズで収まらなかったがゆえに、放置されている空間はどこのお宅にもあるはず。

    今回は、せっかくある空間を上手に利用するための、隙間収納家具をご紹介します。

     

    ********************

    1.キッチン回り

    2.キッチンワゴン

    3.シリーズで揃える

    4.まとめ

    ********************

     


    1.キッチン回り

    有効活用したい隙間がある場所No1といえばキッチンではないでしょうか。

    家の中でも常に様々なものであふれかえっている場所のひとつ。

    わずかな空間も無駄にせず、上手に収納したいですね。

            
    飲料水や缶詰、インスタント食品などの備蓄品は隙間を有効活用。
     

    置き場所に困る電気ポットや炊飯ジャーなどのキッチン家電も、指定席があればスッキリ片付きます。
    隙間に収まる収納家具で縦一列に並べれば場所も取りません。
     
     

    2.キッチンワゴン

    キッチン回りで活躍する隙間収納家具の代表といえるワゴン。

    サイズや用途によって、豊富なバリエーションの中から必要に応じたタイプを選ぶことが可能です。

    車輪がついているので、簡単に移動できるのもありがたいポイント。
     
    キッチンワゴン1
    20cm幅でも入ります!
     
    キッチンワゴン2
    便利なカゴ付きタイプ
     
    キッチンワゴン3
    作業台になる天板が付いていれば料理の効率アップにも一役
     

     
     

    3.シリーズで揃える

    同じシリーズで、幅違いや高さ違いのものを組み合わせることもできます。

    組み合わせによって自分仕様のピッタリサイズに調整しましょう。

    見た目に統一感があるだけでなく、無駄な空間を減らせるのがうれしいですね。


     
     

    4.まとめ

    収納スペースが少ないのは皆さん共通のお悩み。

    ちょっとした隙間も見逃さず収納スペースに変えることでスッキリした生活を送りたいですね。

    ユノメ家具Zでは様々な隙間にフィットする隙間収納を取り揃えております。

    是非お店に遊びにきてみてくださいね。

    お待ちしています!