web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2019/12/30

    チェストを活用してクローゼットをすっきりさせよう!

    最近の住宅でよく目にするようになった「クローゼット」と呼ばれる洋服ダンス。

    日本住宅には不可欠な「押し入れ」の代わりに各部屋に備え付けられるようになった収納スペースです。

    押し入れサイズのものから、「ウォークインクローゼット」と呼ばれる人が出入りできる小部屋サイズのものまで大小様々あります。

    今回はクローゼットにも収納できるコンパクトなチェストをご紹介します。

     

    ********************

    1.チェストで空間を有効活用

    2.高さで選ぶ

    3.幅で選ぶ

    4.デザインにひとくせ

    5.まとめ

    ********************

    1.チェストで空間を有効活用

    クローゼットの収納は「かける」が基本。

    ハンガーにかけた衣服が一目で見渡せるため、手持ちの服を認識するには便利です。

    しかし、ハンガーラックにかけた衣服の下がデッドスペースになりがちというマイナスポイントも。

    そこで、空間を有効に使うためにチェストの出番。

    衣服の丈に合わせて高さを選べるチェストを配置すれば、クローゼット内は格段に使いやすくなります。

    また、高さだけでなく、幅も自由に選択できるチェストもたくさんあります。

    クローゼットの中を同じシリーズのチェストで揃えれば、見た目もスッキリ。

    ショップのような空間が出来上がり、服の片付けやスタイリングが楽しくなりそうですね!

     

    2.高さで選ぶ

    ハンガーにかける服を丈の長さでそろえた時にできるスペースにぴったり合うチェストを選びましょう。

    服の長さに合わせて階段状に設置すれば、空間を無駄なく利用できます。

      

     

    3.幅で選ぶ

    クローゼット内のスペースを有効活用するには、高さだけでなく幅も自由に選べることがポイント。

    何種類かを組み合わせて、ジャストサイズに収めることも可能です。

    まるで造り付けのような雰囲気の、すっきりおしゃれなクローゼットを目指して!

     

    4.デザインにひとくせ

    クローゼットは思う存分自分好みにしてしまえる場所。

    センスを発揮して、個性的なチェストで遊ぶのも楽しいですね。

    ちょっと凝ったデザインのものをチョイスすれば、お気に入りのオリジナルスペースが出来上がります。

      

     

      

     

    5.まとめ

    せっかくクローゼットがあるなら、洋服を上手に収納したいですね。

    クローゼット内の空間を有効活用するならチェストが大活躍。

    今回ご紹介したチェスト以外にも一点ものなども多数ご用意。

    空きスペースのサイズを測って、ぴったりのチェストを探しに是非お店にいらしてくださいね!