web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2020/10/31

    カーペットサイズの選び方

    お部屋の中を見渡した時、意外に広いスペースを占めているのがカーペット。

    普段特別意識することはありませんが、カーペットのサイズが大きいほどそのお部屋のイメージを左右します。

    カーペットは、デザインによって雰囲気をガラッと変えることができる便利なアイテムなのです。

    カーペットを選ぶ際、どんなデザインにするかは重要なポイント。

    そして同じように重要なのは、どの程度の大きさにするのかということ。

    今回はカーペット選びで大切な「サイズ」について考えます。

     

     

    ********************

    1.リビング

    1-1.足元中心の敷き方【140×200㎝】

    1-2.座ったり寝転ぶことができる敷き方【200×200㎝】

    1-3.ソファなどをカーペットの上にのせる敷き方【240×240㎝】

    2.ダイニング

    2-1.ダイニング4人掛け【180×220㎝】

    2-2.ダイニング5人掛け【200×250㎝】

    2-3.ダイニング6人掛け【220×240㎝】

    3.まとめ

    ********************

     


    1.リビング

    リビングで使用するカーペットを選ぶ際には、まずライフスタイルをイメージしてみましょう。

    ワンルームで一人分のスペースがあれば十分なのか、大家族が寝転がれるような大きさが必要なのか、用途はそれぞれ違うはず。

    さらにリビングルームの広さと配置する家具のサイズを測り、バランスを考えて丁度いいカーペットサイズを決めていきます。

     

     

     

    1-1.足元中心の敷き方(140×200㎝)

    センターテーブルを置かない前提で、ソファの足元にアクセントとして敷くカーペットなら、このサイズでも問題ありません。

    飲み物などちょっとした小物を置く場合、小ぶりなサイドテーブルがあると便利です。

     

     

    1-2.座ったり寝転ぶことができる敷き方(200×200㎝)

    センターテーブルを置いて、回りに人が座ってつくログことができるスペースを確保できます。

    寝転がってテレビを見るなど、横になってリラックスするスタイルも可能です。

     

     

    1-3.ソファなどをカーペットの上にのせる敷き方(240×240㎝)

    家族が床の上に座ってくつろぐにも十分なサイズ。

    子どもが小さいうちは、そばで遊ぶスペースも取れるでしょう。

    リビングでの一家団欒の時間が多い場合には、この程度のサイズがおすすめです。

     

     

     

    2.ダイニング

    ダイニングに敷くカーペットは、少し大きめサイズを選びましょう。

    人が座った時の椅子の位置までカーペットが必要です。

    ダイニングにカーペットを敷くことで、キズや汚れを防止することはもちろん、冬場には足元の冷え対策にもなります。

     

     

     

    2-1.ダイニング4人掛け【180×220㎝】

    4人掛けのダイニングテーブルなら、120㎝サイズが一般的。

    カーペットは約2帖分程度になります。

     

     

    2-2.ダイニング5人掛け【200×250㎝】

    5人掛けなら4人掛けより一回り大きめサイズを選びましょう。

    椅子の位置を考えて家具を配置する必要もありますね。

     

     

    2-3.ダイニング6人掛け【220×240㎝】

    6人掛けになるとテーブルサイズはグンと大きく180㎝程度になります。

    フロアをしっかりカバーするためには、カーペットサイズにゆとりをもたせておくと安心ですね。

     

     

    3.まとめ

    カーペットは大きな買い物。

    サイズ選びで失敗することがないように、敷きたいスペースをしっかり測ってから購入することが大切です。

    お店で見た時の印象と、実際お部屋に配置した時の印象が違うことがあるのも、カーペット選びではよくあること。

    今回の「サイズ」を参考に、イメージを膨らませて、是非お気に入りの一枚を見つけてください!