web4

家具のあれこれ学べるブログ

  • 2021/03/29

    夫婦の寝室にツインベッドがおすすめの理由

    夫婦の寝室用ベッドというとダブルベッドをイメージするのがスタンダード。
    新婚さんが新居に新しいベッドを置く場合、当然のようにダブルベッドを購入する風潮がありました。
    でも最近はツインベッドという選択肢を選ぶご夫婦が増加中。
    睡眠の質を上げるため、あえて別々のベッドで寝ることを選ぶご夫婦が増えているんです。
    ツインベッドがおすすめの理由をピックアップしてみました。
     

     
    ********************

    1.相手に気を遣わず寝返りが打てる

    2.生活リズムが違っても相手を起こさずに済む

    3.それぞれに合った寝具をチョイスできる

    4.大きいベッドに比べメンテナンスが楽

    5.ライフスタイルの変化に柔軟に対応

    6.風邪などの体調不良時の感染リスク軽減

    7.ツインベッドのレイアウト

    ********************

     

    1.相手に気を遣わず寝返りが打てる

    一緒に寝ていると自分が動くことで相手を起こしてしまわないよう気を遣いますよね。
    寝返り一つにも神経を使ったりします。
    ツインベッドなら多少寝相が悪くても大丈夫。
    パートナーに過剰に気を遣うことなく、安心して眠ることができます。

     

    2.生活リズムが違っても相手を起こさずに済む

    熟睡している相手を起こす心配があるのは寝相だけではありません。
    夜勤や早朝出勤など、起床・就寝時間の違いも相手の眠りを妨げる原因のひとつ。
    起こさないよう細心の注意を払ってベッドから出ないといけません。
    また朝型・夜型など生活スタイルの違いもお互い気を遣う要因になります。
    生活リズムが違っても相手を起こさずに済むのは、ツインベッドのメリットです。

     

    3.それぞれに合った寝具をチョイスできる

    このブログで以前にもお伝えしましたが、睡眠の質を左右するのはマットレス。
    ツインベッドなら一人ひとりの寝心地に合ったマットレスを別々に選ぶことができます。
    また、寝具の色やデザイン、寒暖による寝具の調整などもお好み次第。
    それぞれが自分の好きなようにカスタマイズが可能です。

     

    4.大きいベッドに比べメンテナンスが楽

    ダブルベッド用のシーツや毛布、かけ布団を洗濯して入れ替えるのはなかなかの重労働。
    ベッドそのものが家の中でも1、2を争う大型家具だけにそれなりの力仕事です。
    ダブルベッドと比較すれば、シングルサイズなら寝具交換の負担はグッと少なくなるはず。
    シングルサイズ2台分の手間はかかりますが、労力は軽減されメンテナンスは楽になります。
     

     

    5.ライフスタイルの変化に柔軟に対応

    長い人生、ライフスタイルはずっと同じとは限りません。
    その時々の変化に合わせて融通がきくようにしておくと便利です。
    ツインベッドなら二つをピッタリとつけるもよし、別々に配置してもよし、フレキシブルに対応できます。
    長く使用することを考えるなら、様々に使えるツインベッドがおすすめです。

     

    6.体調不良時の感染リスク軽減

    疲労がたまった時や体調が悪い時、周りに気を遣いながら休むのはさらに体調を悪化させてしまいます。
    さらに、パートナーに風邪などを移してしまうのは避けたいですよね。
    別々に休むことで体調不良時の感染リスクを回避できるのは、普段は気づきませんが結構なポイントです。

     

    7.ツインベッドのレイアウト

    ツインベッドを購入する際は、実際のベッドの配置をシミュレーションしてみることも大事。
    ピッタリと付けるのか、距離を置いて配置するのかバランスを考えましょう。
    ベッドを2台入れたら歩く隙間もなくなるなら導入は慎重に。
     

     
    今回はツインベッドのメリットをピックアップしてみました。
    同じ寝室で同じベッドで眠ることが、必ずしも夫婦円満の秘訣とは限りません。
    自分たちにピッタリなのはどんなスタイルなのか考えてみてくださいね。